お菓子な社長の酔いどれ日記

 9月11日放映のNHK杯将棋トーナメントは、藤井聡太竜王対伊藤匠五段の一戦でありました。伊藤五段は藤井竜王と同期生なのであります。誕生日の違いで藤井竜王20歳、伊藤五段19歳。伊藤五段は将棋界の最年少棋士なのであります。

 羽生九段と森内九段は小学生名人戦以来のライバルで、互いに名人位を争い、二人とも名人在位五期を達成して永世名人の資格を持っているのであります。藤井竜王と伊藤五段も良きライバルとして切磋琢磨することになるのでありましょう。
 
 戦型は伊藤五段の先手で、合掛りから角交換になったのであります。先手の伊藤五段が攻めるのでありますが、さすがに藤井竜王は王様を3三に逃げ、鉄壁の受けから角を好位置に打って反撃したのであります。

 AIの判定では徐々に藤井竜王が優位を広げ、最後は99-1と圧勝したのであります。しかし酔いどれ者には最後まで互角にしか思えない展開だったのであります。要するにじぇ~~んじぇ~~ん解っていなかったのであります。

 Good Luck



株式会社アイネットホールディングス

Tel.03-3315-7111/Fax.03-3315-7666

〒168-0061 東京都杉並区大宮1-7-18